誰が交渉するのか

交通事故被害に遭ったとき誰が加害者と示談交渉をするのか、といった疑問を持たれている方は少なくないでしょう。示談交渉は自分でもできますし、加害者の加入している保険会社の担当者と交渉することになります。また、相手が任意保険に加入していなかったというケースだと保険会社ではなく直接事故の加害者と交渉しなくてはなりません。しかし、事故の加害者と被害者が対峙してしまうと感情的になってしまうことが多いですし、まとまるはずだった話もまとまらなくなることが多々あります。そのため、こうしたケースにおいても自分で交渉をするのは控えたほうが良いでしょう。

交通事故の示談交渉は弁護士に依頼したほうがスムーズに進みますから、基本は弁護士に相談して依頼することになります。相手が保険会社だろうと事故の加害者だろうと弁護士ならしっかりと示談交渉を行ってくれますし、相手がどうしても支払わないという場合には訴訟を起こすことも可能です。弁護士は法律の専門家ですし、法律的な観点からもさまざまなアドバイスをしてくれますから交通事故の被害に遭ったときは示談について弁護士に相談するのがもっとも賢明な選択と言えるでしょう。自分では交渉するべきではありません。